No.255


【雑学】家庭用皮膚用薬

家庭用皮膚用薬の違いを知りたい

 自分の家や実家の薬箱の中にはいつもオロナイン、テラマイシン、ドルマイシンが入っている。

 なんとなく使い分けてたけど、違いについて調べて見たのでメモ。


オロナインH軟膏

 白いハンドクリームのような薬。言わずと知れた国民的皮膚用薬。

有効成分
クロルヘキシジングルコン酸塩液 消毒薬

 有効成分は消毒薬が主で、止血成分も添加されている。

 効能・効果は

にきび、吹出物、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、しらくも

 とあり、非常に範囲が広い。

 万能薬的に使っている人がいるけど、湿疹やニキビなどの皮膚疾患や虫刺されへの使用は禁忌とされている。ご注意を。


テラマイシン軟膏

 黄色くて粘っこい見た目がいかにも効きそうな薬。

有効成分
オキシテトラサイクリン塩酸塩 テトラサイクリン系抗生物質
ポリミキシンB硫酸塩 ポリペプチド系抗生物質

 有効成分は二系統二種類の抗生物質。

 効能・効果は

化膿性皮膚疾患(とびひ、めんちょう、毛のう炎)

 とあり、細菌感染による炎症に特化している。

 薬局によっては黄菌毛症の治療薬に勧めてくる店もある。というか勧められた。


ドルマイシン軟膏

 透明なさらっとした薬。

有効成分
コリスチン硫酸塩(硫酸コリマイシン) ポリペプチド系抗生物質
バシトラシン ポリペプチド系抗生物質

 有効成分は一系統二種類の抗生物質。

 効能・効果は

外傷・火傷等の化膿予防及び治療、膿痂疹(とびひ)、せつ、癰(よう)、 疔(ちょう)、毛嚢炎、湿疹、グラム陽性・陰性菌の単独及び混合感染による皮ふ疾患、化膿症、伝染性皮ふ炎、皮ふ潰瘍

 細菌感染による炎症だけでなく、その予防も範囲として記載されている。
 値段もテラマイシンよりちょっと安いので、患部にべったり塗るにはこちらがお勧めかも。
 透明だし!